このページでは中小企業診断士の更新・休止手続きに必要な申請書類を取得できます。

なお更新制度に関する詳しい記述や本ページの元のデータは以下、中小企業庁のWebサイトをご覧ください。

1.更新用書類

資格更新の際には、以下の4点が必要になります。

  1. 中小企業診断士登録申請書

  2. 理論要件証明書(理論政策更新研修修了証明書、論文審査合格証明書等)5点分

  3. 実務要件証明書(診断助言業務実績証明書、診断実務補習修了証明書等)30点分

  4. 中小企業診断士登録証

■申請書類様式はこちらから↓



2.休止用書類

中小企業庁に対し休止の届け出をすることで、経営診断の業務に従事することを休止し、
休止申請を行った日から15年を限度に『有効期間の時間経過を一時的に休止』することが
出来ます。

休止に必要な書類は以下の2点になります。

  1.中小企業の経営診断業務休止申請書

  2.中小企業診断士登録証

■申請書類様式はこちらから↓


3.資格再開用書類

休止申請をしてから15年以内に資格再開の申請をする必要があります。
休止からの再開に必要な書類は以下になります。

  1. 中小企業の経営診断業務再開申請書

  2. 中小企業の経営診断の業務再開の申請可能証書(休止申請後に中小企業庁から送付)

  3. 専門知識補充要件の証明書等(5回分)

  4. 実務要件の実績証明書(15日分)

■申請書類様式はこちらから↓



4.送付先

書類は全て中小企業庁へ送付します。
なお郵送中の事故等により、中小企業庁に各種申請書類が届かない事態となると、最悪
の場合、登録が消除されてしまう危険性があります。各種申請書類等を中小企業庁に
ご送付いただく際には、簡易書留等の配達状況が確認できる確実な方法により送付
されることをお勧めいたします。

送付先
 〒100-8912
 東京都千代田区霞が関1-3-1
 経済産業省 中小企業庁
 経営支援部 経営支援課
 中小企業診断士担当 行