2019年度の研修はテーマを三つ用意しています。
会場・日程によっていずれかを取り上げます。どれを取り上げるかは日程表をご覧ください。

今年度の第二部研修テーマ「1.小規模事業者の継続的発展」
            「2.多様な人材の活用」
            「特別テーマ コーチングを用いた経営者ヒアリング」

テーマ1.小規模事業者の継続的発展

   変り続ける経営環境に対して、企業は自身の商品やサービスを変えて適合していく必要があります。
   どのような環境変化が予想され、企業は今何をすべきなのか、長期的な観点から考えつつ、
   現実に小規模事業者を支援するとすれば、どのように経営者に提案をするか、経営者に「よりそう」
   支援について考えます。

   <事例企業>小規模事業者A サービス業(特殊清掃)、従業員数2名

テーマ2.多様な人材の活用

   若手人材の採用が非常に困難になっています。特に中小企業は今後既成概念にとらわれない様々
   な人材を活用し、それら人材が定着していくような環境整備をしていくことが求められます。
   様々な人材について意見を交わし、個々の企業に合った人材について考えていきます。

   <事例企業>小規模事業者A サービス業(特殊清掃)、従業員数2名

     

特別テーマ コーチングを用いた経営者ヒアリング

   中小企業の支援は企業の課題や思いなどから「経営者が企業をどうしたいのか?」を上手に「聴く」
   ことから始まります。経営者ヒアリングにおいて本当に聞かなければならないことは何なのか、また
   それはどのように聞き出せばよいのでしょうか?コーチングの知見を学習しながら考えていきます。
   *本テーマはコーチングの実践演習を行うため事例企業演習はありません。

研修プログラム

科目 時間 教材 内容
【第1部】

中小企業を取り巻く
経営環境
    1時間程度      テキスト
  1. 中小企業の現状と課題を知る
  2. 中小企業の全体像を知る
  3. 今後の中小企業政策の重点を知る
【第2部 テーマ1】

小規模事業者の
継続的発展

    3時間程度

会場・日程により
左記3テーマから
1テーマ

     テキスト
         +
        映像
 (演習事例企業)
  1. 10年後の経営環境
  2. 小規模事業者の継続的発展
  3. 支援
  4. 演習 事例企業の方向性
  5. グループ発表
【第2部 テーマ2】

多様な人材の
活用
     テキスト
         +
        映像
 (演習事例企業)
  1. はじめに
  2. 可能な人材採用
  3. 労働環境と会社の形
  4. 演習
  5. グループ発表
【第2部 特別テーマ】

コーチングを用いた
経営者ヒアリング
     テキスト
         +
     実践演習
  1. 経営者のための質問
  2. コーチングスキルとは
  3. 引き出す質問力―質問のテクニック
  4. 実践演習(グループワーク)