中小企業診断士更新研修・インターネット研修(論文審査)とは?

  インターネット研修(論文審査)は、インターネット上に用意された教材を学習し
  課題を解答することで、会場に来ることなく理論政策更新研修と同等のポイントを
  取得できる研修です。
  課題は2題、各課題につき1000字程度で、論述・解答してメールにて提出して頂きます。

以下のような方にお勧めです。

  多忙で研修を受ける時間が無い
    15日間の中で課題を解答すれば良いため、わざわざ会場に来て時間を拘束されることもなく、
    何時でも好きな時に、まとまった時間が取れなくても受講可能です。

  研修会場が遠い、海外で勤務している。
    web環境があれば日本全国、または海外でも受講が出来るため様々な事情で会場に来る事が
    困難な方でも理論ポイントを取得することが出来ます。

  議論が苦手・自分のペースで考えたい。
    1人で解答を作成するため、課題に対してゆっくりと考える事が出来ます。

受講に関する注意事項

 ・受講に際してWebサイト・PDFファイル閲覧及びメール送受信環境が必要です。
  学習サイトはスマートフォン等でも閲覧は可能です。

 ・提出して頂いた課題は、弊社が委託している大学教授、中小企業診断士によって審査されます。
  審査は「課題に対する内容の適切性」「論理性及び表現力」から評価を行い、合計100点を
  満点として、60点以上を合格とします。(昨年度受講者合格率 97.2%)

       

実際の受講サイト及び課題のサンプルをご覧いただく事が出来ます。
受講サイトサンプル

インターネット研修(論文審査)の流れ

更新研修eラーニングの流れ インターネット研修お申込みフォームより、お申込み下さい。お申込み受理後、受講に関するご案内をメールにてお送りいたします。
↓
更新研修eラーニングの流れ 受講期間内(受講月の1日~15日)に、インターネット上の専用サイトで研修プログラムを受講します。
↓
更新研修eラーニングの流れ 受講期間内(受講月の1日~15日)で研修テーマに関連する課題2題に取り組み、解答をメールで送信します。
↓
更新研修eラーニングの流れ 課題提出の結果、合格と認められた受講者に対して合格証書を発行します。

今年度の内容

構成 科目
 【Part 1】

 受講に関するご案内
 【Part 2】
 (必修)
 中小企業を取り巻く経営環境(中小企業白書)
 【Part 3】
(一つを選択)
    テーマ1:新事業展開の支援
    テーマ2:製造業のコンサルティング(2)
    テーマ3:事業ドメインの拡張