左近 祥夫
経営コンサルタント。実践クオリティシステムズ創業者。
北海道大学卒業後、中小製造業に入社。開発・品質管理・株式上場PJなどに携わる。その後、経営コンサルタントに転職。品質管理、原価低減を専門として、数多くの中小企業と顧問契約を締結し、経営コンサルティングを行う。クオリティを追究。クオリティが人を豊かにし、かつ幸せの門戸を開くと考える。


杉山 喜宏
経営コンサルタント、中小企業診断士。
中央大学法学部卒業後、富士ゼロックス株式会社にて、営業・スタッフを経験した後、営業部長、統括コールセンター長として部門マネジメント職に従事。
2012年に経営コンサルタントとして独立。中小企業のコンサル業務を行う傍ら、中小企業の営業力強化を目的に設立したNPO法人ワクワク営業応援団の事務局長、県産業振興センター委嘱の連携コーディネータ等の外部活動を行っている。


山岸 隆
経営コンサルタント。
富士フイルムにて本社営業部にてシステムのコンサル営業やプリンタ販売に従事。また同社の医療分野における内視鏡の商品企画及び市場導入の責任者として販売を展開した。
1999年中小企業診断士の商業部門で登録。特約店及び販売店の販売計画やマーケティング及び販売等の指導を各事業分野で実施。2011年有限責任事業組合「明日の中小企業を育てる会」を設立。主に小規模企業のマーケティング関連を中心にコンサル活動を実施している。


大塚 潤一
経営コンサルタント。
独立し自身として中小企業のコンサルティング・支援を行う傍ら、さいたま市産業創造       
財団に契約職員として入社。自身の活動と並行して同財団の支援・金融課においてテクニカルブランド認証企業支援事業専任者としても活動。
幅広い知識・経験・人脈を基に中小企業のコンサルティング活動や支援プロジェクトの立ち上げ等を行っている。


松木 宏郎
経営コンサルタント。中小企業診断士。
30数年間大手広告会社に勤務し、フジフイルム、KDD、サントリーなどのAEや営業推進、営業企画、支社経営、交通・屋外媒体オペレーションマネジメントなどに従事。独立後、女性、シニア向け創業支援のコンサルティングサポートの他、一般社団法人日本ダイバーシティ・マネジメント推進機構の立上げや一般社団法人ソーシャルビジネス・コンサルタントグループの活動に参画。女性のビジネス支援のほか、マーケティングコミュニケーションやコーポレートブランディングを専門とする。